• 【久留米絣】ー現代的な色柄、昔ながらの伝統-ぼた雪(反物10月中旬お届け)
KIPPE KIPPE KIPPE KIPPE KIPPE KIPPE

価格:25,000円(税込 27,500円) 41,500円(税込 45,650円)

[ポイント還元 275ポイント~]

注文

お仕立て  
反物のみ(10月中旬お届け)  
入荷連絡を希望
Basic&Free(11月下旬お届け)  
入荷連絡を希望
お誂え(+16500円+税)  
入荷連絡を希望

価格と在庫を一覧で確認する

在庫  

入荷連絡を希望

お仕立て
反物のみ(10月中旬お届け)
価格: 25,000円(税込 27,500円)
Basic&Free(11月下旬お届け)
価格: 36,500円(税込 40,150円)
お誂え(+16500円+税)
価格: 41,500円(税込 45,650円)
水通しの有無:
居敷当ての有無:

入荷連絡を希望

お気に入りに追加済

商品説明

▼ 商品説明の続きを見る ▼
  • 価格:25,000円(税込 27,500円) 41,500円(税込 45,650円)

レビュー*お客様の声(3件)

総評: 星1つ星1つ星1つ星1つ星半分 4.7

星1つ星1つ星1つ星1つ星1つあやちゃん様
2019/07/10
濃紺に白とグレーの色で、写真のイメージ通りです。白い帯を合わせて着用しました。すっきりと着られます。
濃紺に白とグレーの色で、写真のイメージ通りです。白い帯を合わせて着用しました。すっきりと着られます。
  
星1つ星1つ星1つ星1つ星なしえむかわ様
2019/02/18
まだ着用はしておりませんので着用感は不明ですがまず落ち着いた色目だけなのに(限りなく黒に近い濃紺に白と灰色の模様)可愛い。可愛いといってもモノトーンの色使いだけなので大人が着ても落ち着いた可愛らしさで帯や小物で印象を変えられそうです。これから普段着にどんどん着ていきたいと思います。
まだ着用はしておりませんので着用感は不明ですがまず落ち着いた色目だけなのに(限りなく黒に近い濃紺に白と灰色の模様)可愛い。可愛いといってもモノトーンの色使いだけなので大人が着ても落ち着いた可愛らしさで帯や小物で印象を変えられそうです。これから普段着にどんどん着ていきたいと思います。
  
星1つ星1つ星1つ星1つ星1つmokomaruine様
2019/01/27
可愛いです。反物で購入し、これから仕立てに出します。帯合わせも何でもいけそうで、重宝しそうです。大切にします。
可愛いです。反物で購入し、これから仕立てに出します。帯合わせも何でもいけそうで、重宝しそうです。大切にします。
  
久留米絣

サイズ・縫製 反物幅(37cm)※裄丈約70cmまで縫製可能です
反物長さ(約13m)
Free&Basic(フリーサイズ):身丈163cm / 裄丈68cm 
※お誂え
ご注文完了後、サイズをご記入する案内が表示されます。
ご自分のサイズを知らない方も、フォームの案内に沿ってご記入ください。サイズのご相談もそちらから承っております。
素材 久留米絣(木綿100%)
ソフトで優しい肌触り。しなやかな質感。
年中着れる普段着としてお召しいただけます(盛夏を除く)
送料・お届け

無料
北海道・沖縄・離島は送料無料対象外です。
ご注文後、別途ご連絡をいたします >>送料について 

【お届け・お仕立てにかかる日数】
反物:10月中旬
Basic&Free:11月下旬
お誂え:サイズ確定・反物入荷より1~1ヶ月半後
工場の都合等によりお届けが遅れる場合は改めてメールにてご連絡いたします。



季節
着用スタイル
  • カジュアル
  • ソシアル
  • フォーマル
居敷当て
  • 必要
  • 不必要
  • お好み
  • 居敷あて付き
生地の厚さ
  • やや薄
  • 普通
  • やや厚




久留米絣

福岡県筑後地方を中心に、200年もの間作られ続けている久留米絣。 およそ30もの工程を経て、さまざまな職人の手によって織られています。

経糸と緯糸で柄を織り出す高度な技術は、他にはない繊細な模様を生み出します。
多彩なデザインと現代的な色柄が豊富。 ほぼ洋服用に生産されていますが、ごく最近になり、着物用としてもその魅力が見直されています。

着れば着るほど馴染む肌ざわりの良さに、経糸と緯糸で表されるさまざまな柄の魅力。 ドットや縞柄、幾何学模様、植物と、よくぞここまで!というほど、多彩なデザイン。 トラディショナルなかっこよさとポップさを併せ持つ、日本がほこるテキスタイルなのです。


久留米絣

久留米絣

まだ幼い、農家の少女のひらめきからはじまった久留米絣。 なんとその時、彼女はまだ12歳だったといいます。はじめは無作為に斑点が散らばる、シンプルな柄だったのだけど、時代を経て、より高度に、より美しく、 久留米絣は発展を遂げていきました。 そしていまも、さらに発展を続ける、他にはない木綿織物なのです。

久留米絣

久留米絣