もっと知りたい

お誂え(オーダーメイド)をおすすめいたします


無理をしてBasic&Freeサイズを着れなくもないですが、着付けに時間がかかってしまったり、いつまでも着付けが上達しない原因にもなります。

よく、初心者はアンティーク着物から始めるとよい、 と言われたりもしますが、それはお値段的なものだけで、着付けの上達や着付けの美しさから考えると、自分サイズに近い方がびっくりするほど着付けも楽チンなのです。

なので、スッキリ美しく見えるために、 そして、もっと着物が上手に着れるようになるために、お誂えにチャレンジしてみませんか?

オーダーメイドだからって難しいことはありません。 下記を参考に、ぜひトライしてみてください。ご注文後、サイズについては丁寧にフォローしていますのでご安心くださいね。




実は身丈や裄丈より、一番重要なサイズがヒップサイズ(=身幅)です。
痩せ見え、美し見え、はヒップサイズが肝心です。ヒップ周りの一番横に張っているいる部分、太ももやお腹周り(下腹)など、一番太い部分のサイズを記入してください。


首の後ろ中央部から肩先を通り、手首までを測ります。 あとは習い事の関係や、お好みで短めだったり長めだったり。「どういう風に見えたいか」「着物をきて何をしたいか」と、お好みサイズでOKです。

また、自分ひとりで自分のベストな裄丈を測るには、一番着心地のよい、ぴったりサイズの着物を測ることです。なかなか一人でメジャーを持って裄丈を計るのは難しいかと思いますので、ご家族や友人、測ってもらえる人がいないときはこのような方法で測ってみてください。


❖その他お誂えする際に注意するポイント



既製品以外(誂えたもの)の長襦袢に合わせたい場合は、肩幅と袖幅をおしらせください。サイズが合っていないと、袖から襦袢がでてきてしまう原因となります。


上記のようなタイプの方は「胸大きめです」「けっこう細身です」など、 一言伝えておくと間違いがありません。


KIMONO MODERNの繰越サイズ = 1寸0 を、標準サイズとして仕立てています。 ほどよくこぶし1つ分くらい衿に入る程度に、すっきり衿を抜いて着用しやすいサイズです。(画像参照)

ここは、長襦袢のサイズとの兼ね合いもありますので、誂えではない市販されている襦袢をお使いの方は、8分〜1寸ほどにしておくのがよいでしょう。 あまり繰りすぎると、襦袢と着物の衿がぴったり合わなくて隙間が空いてしまいます。



❖❖❖❖❖




営業日カレンダー
  • 今日
  • 営業日
  • 配送休

営業時間 10:00〜17:00
▼The guide shop 営業日カレンダーはこちらをクリック

ページトップへ