もっと知りたい

お誂え(オーダーメイド)をおすすめいたします

サイズについて

もっと美しい着姿のために、
お誂え(オーダーメイド)をおすすめいたします。
無理をしてBasic & Freeサイズを着れなくもないですが、着付けに時間がかかってしまったり、いつまでも着付けが上達しない原因にもなります。

よく、初心者はアンティーク着物から始めるとよい、 と言われたりもしますが、それはお値段的なものだけで、着付けの上達や着付けの美しさから考えると、自分サイズに近い方がびっくりするほど着付けも楽チンなのです。

なので、スッキリ美しく見えるために、
そして、もっと着物が上手に着れるようになるために、お誂えにチャレンジしてみませんか?

オーダーメイドだからって難しいことはありません。
下記を参考に、ぜひトライしてみてください。ご注文後、サイズについては丁寧にフォローしていますのでご安心くださいね。



サイズについて

通常「身丈=身長」と言われています。
サイズが合わない着物を着る時の微調整のコツとして、着物が長い場合は、腰紐の位置をウエスト~少し上の方に、着物が短い場合は腰紐をウエストより下、腰骨に近い位置で結びましょう。そうすることでおはしょりの長さを調整することができます。

また、自分の身長より±10cmは着用可能と言われています。身丈は他のサイズに比べて、かなり調整可能なサイズでもあります。


サイズについて

標準的なサイズは手首のくるぶしが隠れるくらい、と言われています。
あとは習い事の関係や、お好みで短めだったり長めだったり。あとは「どういう風に見えたいか」「着物をきて何をしたいか」と、お好みサイズでOKです。

また、自分ひとりで自分のベストな裄丈を測るには、一番着心地のよい、ぴったりサイズの着物を測ることです。なかなか一人でメジャーを持って裄丈を計るのは難しいかと思いますので、ご家族や友人、測ってもらえる人がいないときはこのような方法で測ってみてください。



サイズについて

それとお誂えの注意点としては、既製品以外の長襦袢を着用する場合です。
お手持ちの襦袢で、これと合わせたい、というものがある場合、襦袢サイズも忘れずにチェックするようにしましょう。

その際チェックする箇所は、肩幅と袖幅です。
既製品以外(誂えたもの)の長襦袢に合わせたい場合は、必ずこの2つのサイズをおしらせください。サイズが合っていないと、袖から襦袢がでてきてしまう原因となります。



サイズについて

年齢を重ねる度にサイズが変わったり、
着付けが上達するにつれて好みのサイズも変わってきたり。

お誂えのマイサイズ、というものは回数を重ねて少しづつベストに近づいていくもの、と言われています。本来、細かい細かい寸法もあるにはあるのです。ですが、それを考え出すと迷宮入りしてしまいます。

なので、一番基本的な3つのサイズからまずは、お誂えにトライ!
あとはとりあえず標準寸法で仕立ててみて、少しづつベストサイズに近づいていきましょう。



1 胸周りのサイズ - 抱き幅

3つのサイズ以外に、一言伝えておいた方がよいポイントは、胸の大きさ。

なかなか恥ずかしいけれど、下記のようなタイプの方は「胸大きめです」「けっこう細身です」など、一言伝えておくと間違いがありません。

1  裄長めの細身タイプさん。
2 背低めの、グラマーさん。


サイズについて



2 衿のくり加減 - 繰越

KIMONO MODERNの繰越サイズ = 1寸0
を、標準サイズとして仕立てています。

衿をぐっとくりたい方はもう少しサイズを大きめに、そしてあまり衿をくるのが好きではない方は小さめの寸法にしましょう(一般的には8分が標準です)

ここは、長襦袢のサイズとの兼ね合いもありますので、誂えではない市販されている襦袢をお使いの方は、8分〜1寸ほどにしておくのがよいでしょう。
あまり繰りすぎると、襦袢と着物の衿がぴったり合わなくて隙間が空いてしまいます。



サイズについて

産地ものの反物は、基本的に1反しか在庫がありません。
その後、入荷してくるかもわからない商品なので、悩んでいる間に売り切れてしまった・・・なんてことになると悲しいですよね。

なので、詳しいサイズがわからなくて大丈夫。
まずはご注文してください。ご注文後、サイズについてのご案内メールが届きますので、それからメールにてサイズのご相談をしてください。ご注文時備考欄に「サイズの相談がしたいです」と一言いれていただけると大丈夫ですよ。

しっかり丁寧にサポートいたしますので、どうぞ安心してくださいね。




営業カレンダー
  • 今日
  • 店舗休

発送:土日祝 休

SHOP営業時間:11:00〜17:00

ページトップへ