もっと知りたい

Basic&Free サイズでOKです


あなたのサイズを拝見する限り、Basic&Freeサイズで大丈夫です。


多少、微調整して着付けなければならないポイントがありますので、下記をご参照ください。最初はBasic&Freeサイズからはじめて、着慣れてくるうちに好みのサイズもわかってくるようになります。その時がお誂えにトライする時かもしれませんよ。

もし、Basic&Freeサイズを着ていて、着付けが難しい・・・ちっとも上手にならない、と感じられるようでしたら「お誂え」に挑戦してみてもよいかもしれません。サイズが合った着物の方が、俄然着付けはしやすくなります。



通常「身丈=身長」と言われています。 あなたの身長が155cm~170cmの範囲内でしたらBasic&FreeサイズもOKです。

163cmより低めの方は、腰紐の位置をウエスト~少し上の方に、身長が高めの方は腰紐をウエストより下、腰骨に近い位置で結びましょう。そうすることでおはしょりの長さを調整しつつ、好みの丈感を楽しめます。 自分の身長より±10cmは着用可能と言われています。


通常、着付けをするときは背中心を合わせてから着用しますが、立ったり座ったりするときのアクシデント(背中心が裂ける!!)を防ぐために、わざと背中心を少しずらして着用する人もいるくらいなので、厳密に背中心と背中がぴったり合わないと・・・とする必要はありません。

むしろ、脇線とおくみが離れてしまうことによって実際よりもお尻や太ももが太く見えてしまうことの方が嫌ですよね。背中心は少しずらして、脇線を合わせるように着用してみましょう。逆に小柄な方は、左前を脇線に合わせたら、右前を左側のかなり奥の方まで巻き込む形で対応します。


裄丈の許容範囲 : ±2-3cmはOK

裄丈は絶対に正しい、というサイズはありません。 目安として、手首のぐりぐりが隠れるくらい、といわれていますが、お茶をされるかたは水を扱うため短めの丈を好まれますし、また日舞をされるかたは所作がしやすいよう長めの丈を好まれます。さすがに短すぎるとつんつるてんな印象になってしまうので注意が必要ですが、鏡をみて自分の姿がどう映るか、がポイントになります。



❖❖❖❖❖




営業カレンダー
  • 今日
  • 店舗休

発送 : 土日祝 休
店舗営業時間
11:00〜17:00

ページトップへ