うそつき袖ーMONOGRAM(半無双・2色)

価格: ¥5,390 (本体 ¥4,900)
[ポイント還元 53ポイント~]
カラー  
MONO
 
 
グレージュ
 
 
数量:

*返品できないもの・返品フォーム

星1つ 星1つ 星1つ 星1つ 星1つ 5.0 (3件)

twitter

袖だけちらっとお洒落にーうそつき袖

着物の袖口からちらっと見える襦袢の袖が素敵な人をみると、「あ、オシャレ度高いな!」って思っちゃいますよね。

「うそつき袖」とは、その名の通り「袖だけ」で、まるでそんな柄の長襦袢を来てるみたいにみせてくれる袖のこと。たくさん色柄違いの長襦袢を揃えるのは大変ですが、お袖だけなら気軽に付け替えてオシャレを楽しめてしまうのがうれしいですね。

長襦袢

長襦袢

長襦袢

年中軽やかに使える、半無双

年中気軽に楽しめるよう、外からちら見えしちゃう部分だけを二枚重ねにした「半無双」でお仕立てしています。

長襦袢

長襦袢

おすすめの使い方1 - 布用両面テープでペタリ。

通常、うそつき袖は専用の半襦袢や長襦袢があって、スナップボタンやマジックテープなどで取り付け可能になってるものが多いのですが、スナップボタンはゴロゴロするし、マジックテープは触るところ間違えると大切な着物を痛めたりしてしまいます。

そこで! おすすめなのは、布用の両面テープを使うこと。もちろん、ざっくりなみ縫いで直接縫い付けちゃうのが一番なのですが、不器用さんやめんどくさがりさんは「縫う」ことを考えると、気が重ーいですよね。
布用両面テープも別売りで販売していますので、こちらからどうぞ↓↓



長襦袢

長襦袢

おすすめの使い方2 - 着物の袖に直接縫い付け。

さらに! ふつうは襦袢の方につけるもの、と思われがちなうそつき袖ですが、KIMONO MODERNでは着物側に取り付けることをおすすめいたします。

結局、襦袢側に取り付けてしまうと、違う着物を切るときにまた取り付け直ししなければならないので、それも面倒ですよね。そしてなにより、ばっちり何を合わせたいかというと、着物とうそつき袖の色柄のコントラストと調和、ですよね。

それだったら、はじめから自分的にベストな組み合わせで着物側に取り付けておいた方が合理的かな、と思うのです。そうすればワンピ襦袢や半襦袢は、いつでもどんな着物にもオールマイティーに合わせられて、お洗濯もやりやすい。よりシンプルで快適、そしてなによりおしゃれが一段と楽しくなりそうですね。



長襦袢

COLOR

長襦袢

長襦袢

    
素材 ポリエステル100%
MONO / グレージュ
※ご注意
極力実物に近い色合いで撮影しておりますが、ブラウザの違いなどにより、 実物と色合いが違ったりする場合がありますことをご了承ください。 ネットでのお買い物ですので「思った色と違った」ということも起こりうるかと思いますが、 その場合はお客様ご都合によるご返品扱いとなります事をご了承くださいませ。
サイズ(cm) 袖丈48.5cm 袖幅33.5cm
お仕立て 半無双
送料

ゆうパケット350円(追跡配達番号あり/商品の大きさに準ず)
(他の商品と混在の場合は、重量や大きさに応じてご注文最終画面にて送料を表示いたします)

<宅配便へ変更ご希望の場合> 一律690円
*ご購入の合計額15000円(税抜き)以上の場合は送料無料となります。
*宅配便をご希望の場合は備考欄にその旨記載してください。ご注文後、送料の調整をさせて頂きます。
北海道・沖縄・離島は送料無料対象外です。
ご注文後、別途ご連絡をいたします >>送料について

お届け時期 即納


季節
着用スタイル
  • カジュアル
  • ソシアル
  • フォーマル
生地の厚さ
  • やや薄
  • 普通
  • やや厚

商品の感想

shooco様 投稿日:2021年06月03日
おすすめ度:
色んないろ、出してください
にっこ様 投稿日:2021年05月21日
おすすめ度:
オシャレな替え袖を探していたので見つけた時はすごくうれしかったです!また他では見ないようなステキな換え袖を作ってください!!
とまと様 投稿日:2021年05月14日
おすすめ度:
うそつき袖は使った事がありませんでしたが、気軽に紬やモノトーンの小紋に合わせて楽しめそうだと思い購入じした。
正絹ではなかなかないような柄とシックな色、質感も正絹に近いので大満足です。
季節は暖かくなって来て実際に使うのは秋になりそうですがその日が楽しみです。

配送カレンダー
  • 今日
  • 配送日
  • 配送休

↑↑こちらはWEBショップの配送カレンダーです。

▶GUIDE SHOP
本店(福岡)
2号店(名古屋)
3号店(東京)
の営業日カレンダーはこちらをクリック




ページトップへ