楽チン&ストレスフリーな着物ライフを。

夏のレース半襦袢 大人の和ステテコ

着物を着るには「補正」「下着(長襦袢)」「着物」「帯」、いくつかの関門が待ち受けています。
慣れないうちはそれが億劫になってしまったり、実際よりも難しく感じてしまうもの。

そこで、わたしたちKIMONO MODERNのスタッフや着物上級者が
こっそりやってる楽々着物の裏側をお教えしたいと思います。

ルールに従って言うと、もちろん本式ではありません。
だけど、普段着物をヘビーに着ている人たちは「暑いから」「今日は楽に着たいから」
なんて理由で、下着の工程を少なくしたりシンプルにしたりして過ごしています。

体型によっては補正をした方が俄然きれいには仕上がりますが、
必要でない方もいらっしゃるし、また補正が苦手というかたもいらっしゃるのでそこは自分スタイルで。

あとは、ステテコを履いて、その上に大人の半襦袢を羽織る。

これだけで、下着パートはおしまい!
あとは着物を着て、帯を締めるだけ。 

「裾除け」という工程をひとつ、はしょりました。
これだけでもストレスがひとつフリーに。
裾さばきが気になる場合はこれに裾除けをプラスしてももちろんOK。

夏のレース半襦袢

長襦袢と違って、この大人の半襦袢を着ることのメリットは、筒そでなので着物によってまちまちな、袖丈や裄の心配をしなくてよいところ。

襦袢と着物のサイズが微妙にずれてて、せっかく苦労して着たのに、袖口から襦袢の袖が出てきて途方に暮れた、という経験をしたことがある人もいるかと思いますが、そういう心配を全くしなくてよい、というのもストレスフリーですよね。

商品検索

キーワード検索